About

福岡生活とWeb制作がメインのブログです。福岡在住のフロントエンジニアでECサイトの運営(ディレクション+フロント周りの制作)をやっています。


Search


Category


Tags


Archive


実写 ゴースト・イン・ザ・シェル を見た感想

  • 投稿日:2017年4月16日
  • カテゴリーとタグ:映画&音楽

攻殻機動隊のライトなファンとして、ネタバレなしのライトの感想。

吹き替え版がオススメ

実は、日本語吹き替え版の声優はアニメの声優と同じなのです。
少佐、バトー、トグサ、イシカワなど、北野たけし演じる荒巻課長意外は、いつもアニメに見ている聞き慣れた声で楽しめますので吹き替え版がオススメなのです。いつもの声で実写の人物が動いているのは、アニメとちがった感じで新鮮でした。

近未来の世界観がすごい

時代的には2030年頃のようですが、町中がホログラムや電脳世界っぽい雰囲気で現実なのかも疑ってしまう、なんとも言えない独特な世界観はアニメ同様健在。アニメをよりリアルに近づけた描写が、攻殻機動隊の世界に引き込まれます。

電脳戦よりは銃撃戦が多かった

攻殻機動隊ならではのチームでの電脳戦と現実でのバトルが好きなのですが、映画では比較的銃撃戦が多かったイメージがありました。メインは少佐、サブにバトーとトグサがちょくちょく出てくる程度。イシカワやサイトウ、はわずか。パズ、ボーマは出番なしでしたね。

映画の公式サイト
http://ghostshell.jp/